研修プログラム
ヒューマンスキルイメージ
これからのビジネスパーソンに求められる能力とは。 対人関係能力……仕事、人間関係を円滑にすすめるスキル。

「人・モノ・金・情報」が企業の財産と言われ、ヒューマン教育など企業にとって最も重要な「人財」に対する投資が必要と言われています。
人としてベースになる能力がヒューマンスキルです。同僚や上司、部下と協調してより良い職場を創り、お客様に可愛がられたり、人のやる気を引き出したり、全ての人に必要な人間関係などで発揮される、コミュニケーション能力などです。まさに企業で働く人財の質こそが、企業の実績を左右するのです。

ヒューマンスキルアップ研修
新入社員研修
心理学がベースとなり、まずは意識の土台をしっかり構築しその上に形(マナー)を積み上げていく研修です。その結果、なぜ必要なのか?を理解したうえで形(マナー)を学ぶため、やらされている感がなく自律考動型人財に育つきっかけづくりをします。ロールプレイ、演習を数多く実施し、頭で学習するだけでなく、身体を使って体得してきます。同時に、それらの行動が『なぜ、必要か』など意味や目的に関してもしっかりと学び、行動の定着をはかります。最初が肝心です。意識やマナー(笑顔・挨拶・言葉遣い・電話応対)は勿論のこと、企業理念・社則・ドレスコード・コミュニケーションなど20時間ほどかけしっかり行うと効果的です。 例)1日5時間研修×4日=20時間
コミュニケーション
画像

コミュニケーションのスタートは挨拶からです。気持ちいい挨拶で1日が変わります。つまり社内コミュニケーションが円滑なら、社員のやる気アップ、積極的な行動、営業力の強化、業績向上のキッカケになり売り上げに直結しています。

ビジネスマインドマナー
画像

社則・ドレスコードにそって第一印象の重要性やビジネスマナーの重要性を理解し、挨拶・身だしなみ・態度・言葉遣いを習得しベースを確立します。

ホスピタリティサービス
画像

どんな組織においてもホスピタリティ・マインドは必須不可欠です。マニュアルは最低限のサービスであり、誰に対しても同じサービスを提供するのではなく「お客様1人ひとりに応じた心を込めた最高のおもてなし」を提供することが望ましいです。サービス業それぞれの業種・業態に応じたプログラムを用意し、サービスの質に徹底的にこだわるサービス精神を学んでいただきます。 

プレゼンテーション
画像

わかりやすく好印象を与える話し方や伝え方を習得したり、立ち振る舞いや言葉使いや説明の仕方を演習し、総合的なプレゼンテーションを向上させます。

メンタルヘルス
画像

健全な人生観、健全な仕事の取り組み方、円滑な人間関係を目的とし、健康で活性化した心身の形成を目指します。

テレコミュニケーション
画像

電話応対マナー、お客様とのコミュニケーションに視点をおき「聴き方」「話し方」の演習を交えたプログラムやテープにより自分の応対を知る研修です。

モチベーションアップ
画像

自分の性格や考え方を把握し自らの働く意欲を上手にコントロールするやり方や周囲からの好意的な働きかけ、部下のやる気を引き出す力が求められます。

目標設定
画像

目標設定の理論のみならず、計画実行段階でのポイントを押さえ。適切な目標・具体的な目標設定のために、計画実行段階の動き方まで想定しています。

アサーティブコミュニケーション
画像

自他尊重をした上で自分の伝えたいことを相手に伝えることです。そのためのコミュニケーションスキルを習得していただきます。

クレーム対応
画像

お客さまの立場に立って、心情を理解することの重要性を理解したうえで、具体的なクレーム対応のスキルを習得します。